教育

スポンサーリンク
問題教員

問題教師をなぜ守るのか?隠蔽組織の言い分は?守口市議会議員・福西寿光先生の委員会での質問より。

日本中で教員からのいじめという人権侵害行為に苦しんでいる生徒、家族がいます。なぜ、同じことが繰り返されるのでしょう?生徒に何かあれば責任を取るのでしょうか?のらりくらりと言い逃れて誰も責任を取らないこの現状。守口市でも同じ状況でした。
問題教員

教師からのいじめ(人権侵害行為)、嫌がらせにあった時の対応。どこに相談すればいい?

教員という、生徒を守るべき存在から人権侵害行為を受けた場合、一体どこに相談すべきなんだろう?学校に言っても、教育委員会に訴えても何も変わらない、そんな時どうすべきなのか?隠蔽に負けず、しっかりと書面に残して訴えていきましょう。皆さんのヒントになれば幸いです。
問題教員

【守口市】問題教員の罵詈雑言、威嚇にパワハラ。生徒が受けた教員からのいじめ(人権侵害行為)。

いじめ(人権侵害行為)と聞いて生徒間同士の問題だと思われるでしょう。しかし、ここ守口市では大人(教員)が子供(生徒)を守るどころか、陰湿な痛めつけを行い、それがバレると「そんなつもりはありません」、「受け取り方が悪いです」とうそぶき、指導すべき機関(教育委員会)がその虚偽の報告を是として一切の対応をせず隠蔽するという、説明責任すら果たさない、法治国家としての体をなしていない状況が続いています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました